メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  女性疾患・周産期 »  和の発酵食品が早産リスクを減らす?

和の発酵食品が早産リスクを減らす?

 2019年05月23日 17:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 日本の早産(妊娠22〜37週未満での分娩)率は約5〜6%と推定され、他の先進国に比べて低いものの、早産には死産や低体重児出産、児の後遺症などのリスクが伴うことから対策が求められる。欧米の研究から、代表的な発酵食品であるヨーグルトを食べることで早産のリスクが減少する可能性が報告されているが、味噌や納豆といった日本食特有の発酵食品と早産の関係については検討されていない。富山大学病院産科婦人科の伊藤実香氏、同科教授(現・同大学学長)の齋藤滋氏らの研究グループは、「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」のデータを用い妊娠前の発酵食品の摂取頻度と早産の関連を世界で初めて検討。その結果を、Environ Health Prev Med2019; 24: 25)に発表した。(関連記事「乳酸菌添加牛乳で妊娠合併症を予防」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  女性疾患・周産期 »  和の発酵食品が早産リスクを減らす?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10520212 有効期限:10月末まで