メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

尿検査で子宮頸がんを予防

 2019年05月24日 05:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英国では毎年3,000人を超える女性が子宮頸がんに罹患する。30~35歳の女性で最も頻度が高いが、その5~10年前の前がん段階で検出が可能である。しかし女性の3分の1は、この時期に塗抹標本検査(PAPテスト)を受けていない。英・University of ManchesterのEmma J. Crosbie氏らは、尿検査による子宮頸がんの原因ウイルスである高リスク型(HR)ヒトパピローマウイルス(HPV)の検出が、前がん病変の発見に有用であるとBMJ Open(2019; 9: e025388)に報告した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  尿検査で子宮頸がんを予防