メニューを開く 検索を開く ログイン

世界の7人に1人が低出生体重児

 2019年05月24日 05:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 国際連合児童基金(ユニセフ)、英・London School of Hygiene and Tropical Medicine 、世界保健機関(WHO)の専門家から成る研究グループは、出生に関する世界のデータを収集し、2,500g未満で生まれる低出生体重児の出生率などを分析。その結果、低出生体重児の数は、2015年には世界で2,000万人に上り、出生数全体のおよそ7人に1人(14.6%)に相当することが明らかになったと、Lancet Glob Health2019年5月15日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  小児 »  世界の7人に1人が低出生体重児