メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  脳梗塞リスクの低下傾向、55歳以上で有意

脳梗塞リスクの低下傾向、55歳以上で有意

Framingham Study

 2019年05月24日 17:30
プッシュ通知を受取る

40名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国では、危険因子に対する管理の改善などにより脳卒中の発症率が数十年にわたり低下しているが、発症率の低下は65歳以上の高齢者で著明に認められる一方で、若年成人では明確でない。米・Boston UniversityのHugo J. Aparicio氏らは、Framingham Studyの参加者を35〜54歳と55歳以上の2群に分け、脳梗塞の10年発症率の低下傾向を検討した。その結果、脳梗塞の長期的な発症率は中年齢層に比べ高年齢層でより急激に低下していることを、Stroke2019年5月14日号オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

どんな昼休みを過ごしていますか

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  脳梗塞リスクの低下傾向、55歳以上で有意

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06520231 有効期限:6月末まで