メニューを開く 検索 ログイン
ATS 2019

COPDの急性増悪「好酸球数でガイド治療」

コルチコステロイド節約治療に効果

2019年05月24日 19:18

15名の医師が参考になったと回答 

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪に対し、標準治療として高用量全身性コルチコステロイドの5日間投与が行われているものの、死亡を含むハードエンドポイントへの有用性は示されておらず、重篤な副作用への懸念もある。そのような中、デンマーク・Herlev-Gentofte University HospitalのPradeesh Sivapalan氏らは、好酸球数を指標として行うコルチコステロイド節約治療は標準治療と同等のアウトカムが期待できるとするランダム化比較試験の成績を、米国胸部学会(ATS 2019、5月17~22日、ダラス)で明らかにした。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  COPDの急性増悪「好酸球数でガイド治療」