メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ATS 2019

COPDの急性増悪「好酸球数でガイド治療」

コルチコステロイド節約治療に効果

 2019年05月24日 19:18
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪に対し、標準治療として高用量全身性コルチコステロイドの5日間投与が行われているものの、死亡を含むハードエンドポイントへの有用性は示されておらず、重篤な副作用への懸念もある。そのような中、デンマーク・Herlev-Gentofte University HospitalのPradeesh Sivapalan氏らは、好酸球数を指標として行うコルチコステロイド節約治療は標準治療と同等のアウトカムが期待できるとするランダム化比較試験の成績を、米国胸部学会(ATS 2019、5月17~22日、ダラス)で明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  COPDの急性増悪「好酸球数でガイド治療」

error in template: found but mtif was expected