メニューを開く 検索を開く ログイン

「痛み止め」で薬物依存に!?

最新米映画に見る克服の難しさ

 2019年05月25日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 5月24日から全国ロードショーされた米映画『ベン・イズ・バック』。怪我の治療で鎮痛薬を過量投与され、やがて薬物依存に陥ってしまった青年ベン・バーンズと、彼を時に厳しく時に優しく見守る母親のホリーを中心に描く家族の絆の物語だ。薬物依存というと、覚醒剤や大麻などの違法薬物を思い浮かべがちだが、実は医師から処方された薬剤によるものもあり、欧米で社会問題になっている。本作は、物語の主題である家族愛の素晴らしさはもちろんだが、鎮痛薬依存の怖さと克服の難しさをリアルに描き出している点も見所の1つだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  「痛み止め」で薬物依存に!?

error in template: found but mtif was expected