メニューを開く 検索を開く ログイン

ダ・ヴィンチの発達障害説を検証

英・King’s College LondonがBrainに報告

 2019年05月27日 18:07
プッシュ通知を受取る

76名の先生が役に立ったと考えています。

(レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた人間の脳および神経系の解剖図<1510年>)

 類いまれな才能の持ち主には、発達障害を有する人が多いといわれる。ルネサンス期を生きたイタリアの芸術家、レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452〜1519年)もその1人だ。英・King's College London、Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience教授のMarco Catani氏らは幾つかのエビデンスを提示し、「モナ・リザ」を描いた画家が、発達障害の1つ注意欠陥・多動性障害(ADHD)であったとする説を、Brain(2019年5月23日オンライン版)に発表した。(関連記事「ダ・ヴィンチは間欠性外斜視だった」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  ダ・ヴィンチの発達障害説を検証