メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  ARDSへの筋弛緩薬で生存率は改善せず

ATS 2019

ARDSへの筋弛緩薬で生存率は改善せず

1,000例超対象の多施設RCT

 2019年05月28日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 人工呼吸器を装着した中等症~重症の急性呼吸窮迫症候群(ARDS)患者に対し、筋弛緩薬の持続投与を併用する深い鎮静を行っても、同薬を使用しない浅い鎮静と比べて90日生存率に差はないことが示された。米・University of ColoradoのMarc Moss氏が、米国人ARDS患者1,000例超を対象とした多施設ランダム化比較試験(RCT)Reevaluation of Systemic Early Neuromuscular Blockade(ROSE)の結果を米国胸部学会(ATS 2019、5月17~22日、ダラス)で発表、詳細はN Engl J Med2019 ; 380: 1997-2008)に同時掲載された。なお、同試験は第2回中間解析の時点で早期無効中止となった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  ARDSへの筋弛緩薬で生存率は改善せず

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10520244 有効期限:10月末まで