メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

炎症性腸疾患の再生医療、実現に向け前進中

 2019年05月29日 06:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 炎症性腸疾患(IBD)は消化管に原因不明の慢性炎症が生じ、これにより潰瘍に代表される消化管組織の構造的・機能的傷害を来す難病である。日本では潰瘍性大腸炎18万人、クローン病4万人の患者が治療の対象となっており、その数は年々増加している。東京医科歯科大学再生医療研究センター教授の岡本隆一氏は、IBD治療のキーワードは「粘膜治癒」だと指摘。同センターで取り組んでいる粘膜治癒を達成するための再生医療の開発状況を第18回日本再生医療学会(3月21〜23日)で紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  炎症性腸疾患の再生医療、実現に向け前進中