メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  薬剤情報 »  凝固異常を伴う敗血症患者への抗血栓薬は有効か

ATS 2019

凝固異常を伴う敗血症患者への抗血栓薬は有効か

トロンボモジュリン製剤の第Ⅲ相SCARLET試験

 2019年05月29日 06:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 遺伝子組み換え型ヒト可溶性トロンボモジュリン(rhsTM)投与により凝固異常を伴う敗血症患者の死亡率が低減することが海外の第Ⅱ相臨床試験において示唆されている(Crit Care Med 2013; 41: 2069-2079)。フランス・Inserm CIC-1435 & UMR-1092のBruno Francois氏は、凝固異常を伴う敗血症患者を対象としたrhsTMの第Ⅲ相試験SCARLETの結果について、28日後の全死亡はプラセボ群と有意差が認められなかったと米国胸部学会(ATS 2019、5月17~22日、ダラス)で発表した。詳細はJAMA2019年5月19日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  薬剤情報 »  凝固異常を伴う敗血症患者への抗血栓薬は有効か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08520269 有効期限:8月末まで