メニューを開く 検索を開く ログイン

若者で低い性感染症治療アドヒアランス

処方箋調剤率は6割未満

 2019年05月29日 18:57
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ティーンエージャーでは性感染症(STI)に対する抗菌薬治療アドヒアランスが低いことが救急外来受診者の調査から明らかになった。米・George Washington UniversityのAlexandra Lieberman氏によると、STIと診断され抗菌薬を処方されたティーンエージャーのうち、実際に処方箋を薬局で調剤してもらった割合は6割に満たないことが分かったという。結果の詳細はJAMA Pediatr2019年5月28日オンライン版)に報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  若者で低い性感染症治療アドヒアランス

error in template: found but mtif was expected