メニューを開く 検索を開く ログイン

世界の肥満増加、農村部が要因

 2019年05月30日 05:05
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 非感染性疾患(NCD)の国際研究ネットワークであるNCD Risk Factor Collaboration(NCD-RisC)が、200カ国の住民対象研究2,009件の成人1億1,200万人超について解析した結果をNature2019; 569: 260-264)に発表した。それによると、1985~2017年の33年間で世界の男女のBMIが上昇したが、世界のBMI上昇の55%超、一部の低・中所得国におけるBMI上昇の80%は農村部のBMI上昇に起因するものであったという。(関連記事「【解説】日本独自の食習慣などが肥満を阻止」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  世界の肥満増加、農村部が要因

error in template: found but mtif was expected