メニューを開く 検索を開く ログイン
ATS 2019

PAH治療初期からの3剤併用で生存率が改善

非経口PGI2製剤含む併用

 2019年05月31日 04:55
プッシュ通知を受取る

 特発性あるいは遺伝性の重症肺動脈性肺高血圧症(PAH)患者を対象とした小規模な研究で、静注プロスタサイクリン(PGI2)製剤を含む治療初期からの3剤併用は、心機能や運動耐容能、血行動態を劇的に改善した(Eur Respir J 2014; 43: 1691-1697)。しかし、より大規模なPAH患者集団で、治療初期からの3剤併用が長期生存に及ぼす影響は十分に検討されていない。フランス・Université Paris-Sud 11のAthenais Boucly氏らは、治療初期からの非経口PGI2製剤を含む3剤併用により、新規発症PAH患者の生存率が有意に改善したとの解析結果を、米国胸部学会(ATS 2019、5月17~22日、ダラス)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  PAH治療初期からの3剤併用で生存率が改善