メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  カプセル内視鏡で大腸精検の抵抗を軽減

カプセル内視鏡で大腸精検の抵抗を軽減

 2019年05月31日 05:00
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

 大腸がん検診の課題の1つに、精検受診率の低さがある。その解決策として期待されるのがカプセル内視鏡だ。国立がん研究センター中央病院内視鏡科医長の角川康夫氏は、第105回日本消化器病学会(5月9~11日)で大腸カプセル内視鏡検査の精度やメリットを解説。これまで指摘されていた、バッテリー時間内に体外に排出できない、下剤服用量が多いといったデメリットも近年大幅に改善されつつあるとし、有用性を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今回の大型台風に対する先生の施設の対応は?(台風進路外の先生は"想定"でお答えください)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  カプセル内視鏡で大腸精検の抵抗を軽減

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10520292 有効期限:10月末まで