メニューを開く 検索 ログイン

カプセル内視鏡で大腸精検の抵抗を軽減

 2019年05月31日 05:00
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

 大腸がん検診の課題の1つに、精検受診率の低さがある。その解決策として期待されるのがカプセル内視鏡だ。国立がん研究センター中央病院内視鏡科医長の角川康夫氏は、第105回日本消化器病学会(5月9~11日)で大腸カプセル内視鏡検査の精度やメリットを解説。これまで指摘されていた、バッテリー時間内に体外に排...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

医学・医療情報、主に見るのは...

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  カプセル内視鏡で大腸精検の抵抗を軽減