メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  切除不能肝細胞がんへのLENの治療効果良好

切除不能肝細胞がんへのLENの治療効果良好

二次・三次治療にも有用な可能性

 2019年05月31日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 受容体型チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)のレンバチニブ(LEN)が、切除不能肝細胞がんの一次治療薬として2018年3月に追加承認されてから1年以上が経過し、実臨床における治療成績が各施設より明らかにされつつある。第105回日本消化器病学会(5月9~11日)では、愛媛県立中央病院消化器内科部長の平岡淳氏が、多施設共同でLENの実臨床データを解析した結果を報告。LENが切除不能肝細胞がんの二次・三次治療としても有用である可能性を示唆した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  切除不能肝細胞がんへのLENの治療効果良好

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08520294 有効期限:8月末まで