メニューを開く 検索を開く ログイン

切除不能肝細胞がんへのLENの治療効果良好

二次・三次治療にも有用な可能性

 2019年05月31日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 受容体型チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)のレンバチニブ(LEN)が、切除不能肝細胞がんの一次治療薬として2018年3月に追加承認されてから1年以上が経過し、実臨床における治療成績が各施設より明らかにされつつある。第105回日本消化器病学会(5月9~11日)では、愛媛県立中央病院消化器内科部長の平岡淳氏が、多施設共同でLENの実臨床データを解析した結果を報告。LENが切除不能肝細胞がんの二次・三次治療としても有用である可能性を示唆した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  切除不能肝細胞がんへのLENの治療効果良好

error in template: found but mtif was expected