メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

気道感染症は基礎疾患で抗菌薬を考慮

 2019年06月03日 05:05
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 関西医科大学呼吸器感染症・アレルギー内科教授の宮下修行氏は第67回日本化学療法学会(5月9~11日)で、外来での気道感染症に対する抗菌薬処方の考え方について解説した。急性上気道炎、気管支炎で長引く感染性咳嗽への安易な抗菌薬処方が抗菌薬の使用量を増加させている一因であると指摘、肺に基礎疾患のない気道感染では原則、抗菌薬が不要と強調した。一方で、肺に基礎疾患を有する症例や糖尿病症例の気道炎症には抗菌薬の使用を考慮すべきとし、メリハリのある抗菌薬処方を訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  気道感染症は基礎疾患で抗菌薬を考慮

error in template: found but mtif was expected