メニューを開く 検索を開く ログイン

急性期脳梗塞に画期的治療法が登場

翼口蓋神経節刺激の国際ランダム化二重盲検比較試験

 2019年06月04日 11:40
プッシュ通知を受取る

42名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 急性期虚血性脳卒中患者に対する翼口蓋神経節(sphenopalatine ganglion;SPG)への電気刺激は、機能的転帰を改善する有効で安全な新たな治療法となる可能性がある。米・University of California, Los Angeles(UCLA)のJeffrey L. Saver氏らが、SPG刺激療法の有効性を検討した国際ランダム化二重盲検比較試験IMPlant Augmenting Cerebral blood flow Trial-24B(ImpACT-24B)の結果を第5回欧州脳卒中協会年次集会(ESOC 2019、5月22~24日、ミラノ)で発表、Lancet2019年5月23日オンライン版)に同時掲載した。(関連記事「SPG刺激療法の虚血性脳卒中への効果は」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  急性期脳梗塞に画期的治療法が登場

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12520311 有効期限:12月末まで