メニューを開く 検索 ログイン

膀胱が尿を再吸収して夜間頻尿を防止

2019年06月05日 05:05

107名の医師が参考になったと回答 

 加齢に伴う夜間頻尿は、夜間の排尿量の増加(夜間多尿)と夜間の膀胱容量の低下に起因し、睡眠障害に伴う夜間頻尿と膀胱での尿の再吸収との関係が近年明らかにされている。北上中央病院(沖縄県)泌尿器科の菅谷公男氏は、第107回日本泌尿器科学会(4月18~21日)で、加齢に伴う夜間頻尿の発生メカニズムを解説。発生要因に応じた非薬物療法を含む治療法について紹介した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  膀胱が尿を再吸収して夜間頻尿を防止

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520349 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外