メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  抗菌配合剤、院内感染症に適応拡大―FDA

抗菌配合剤、院内感染症に適応拡大―FDA

薬剤耐性菌対策の一助にも

 2019年06月05日 09:55
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米食品医薬品局(FDA)は6月3日、18歳以上の患者における院内感染性細菌性肺炎(HABP)および人工呼吸器関連細菌性肺炎(VABP)の治療薬として、タゾバクタムナトリウムとセフトロザン硫酸塩の配合剤(商品名ザバクサ)の適応追加を承認すると発表した。同薬は2014年にFDAが、複雑性腹腔内感染症および複雑性泌尿器感染症の治療薬として承認した点滴静注用抗菌薬で、日本では今年(2019年)1月に同適応で承認されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  抗菌配合剤、院内感染症に適応拡大―FDA

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10520354 有効期限:10月末まで