メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

世界標準の子宮頸がん対策を早急に推進すべき

HPVワクチンをめぐる問題ー感染症科医の立場から

 2019年06月06日 18:00
プッシュ通知を受取る

182名の先生が役に立ったと考えています。

 20〜40歳代の女性を襲う子宮頸がんの発症を予防する上で、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種は検診とともに重要な対策であることは論をまたない。しかし、2013年6月の積極的勧奨の差し控え以降、日本ではHPVワクチン接種率が激減したままであり、子宮頸がん予防策がなおざりにされている。第10回日本プライマリ・ケア連合学会(5月17〜19日)の「HPVワクチンシンポジウム」において、神戸大学微生物感染症学講座感染治療学分野教授の岩田健太郎氏は、子宮頸がんにより亡くなる患者を診てきた医療者であり科学者としての立場から、HPVワクチン接種(男女ともに)と子宮頸がん検診を徹底するという世界標準の対策を速やかに講じるべきだと論じた。

【第10回日本プライマリ・ケア連合学会HPVワクチンシンポジウム 記事一覧】

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  世界標準の子宮頸がん対策を早急に推進すべき

error in template: found but mtif was expected