メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  変わる腫瘍崩壊症候群のリスク分類

変わる腫瘍崩壊症候群のリスク分類

抗腫瘍効果が高い薬剤の登場でリスク高まる

 2019年06月06日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、多くの新規抗がん薬が臨床導入され、がんの治療成績は向上した。しかし、薬剤の抗腫瘍効果の増強に伴い腫瘍崩壊症候群(TLS)の発症リスクが高まっており、現行のTLS管理指針はこの変化に適応できていないという。福井大学血液・腫瘍内科の大岩加奈氏は、腫瘍専門医を対象にTLS管理の実態を調査。尿酸降下薬などを用いた予防が現行指針より積極的に行われていることを明らかにしている。指針の見直しが必要といえそうだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  変わる腫瘍崩壊症候群のリスク分類

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08520350 有効期限:8月末まで