メニューを開く 検索を開く ログイン

TAVI施行後長期生存例の治療成績が発表

中等度以上のSVD少なく、100歳を超えた患者も

 2019年06月06日 17:08
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)は、大動脈弁狭窄症に対する治療選択肢の1つであるが、長期的な治療成績についてはあまり知られていない。カナダ・St Paul's HospitalのJanarthanan Sathananthan氏は、TAVI施行後10年超にわたって生存している患者の治療成績を欧州経皮的冠動脈インターベンション会議(Euro PCR、5月21~24日、パリ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  TAVI施行後長期生存例の治療成績が発表