メニューを開く 検索を開く ログイン

血管内治療と開腹術の長期生存率は同等

腹部大動脈瘤を対象としたRCT

 2019年06月07日 06:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 腹部大動脈瘤に対する血管内治療は開腹手と比べて長期生存率が低いと報告されていた。しかし、このほど米・Veterans Affairs Medical Center, MinneapolisのFrank A. Lederle氏らは、無症候性腹部大動脈瘤患者800例超を最長14年間追跡したランダム化比較試験Open Versus Endovascular Repair(OVER)の結果、長期生存率は血管内治療と開腹術で同等であったとN Engl J Med2019; 380: 2126-2135)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  血管内治療と開腹術の長期生存率は同等