メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  原因不明の多様な症状と向き合い続けるのは誰か

原因不明の多様な症状と向き合い続けるのは誰か

HPVワクチンをめぐる問題ー小児科医の立場から

 2019年06月10日 05:05
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種歴の有無にかかわらず、検査上異常が見られない疼痛やさまざまな症状に悩む患者は現に存在する。小児科医として、長年子どもの慢性疼痛治療に当たるJR東京総合病院(東京都)顧問の奥山伸彦氏は、第10回日本プライマリ・ケア連合学会(5月17〜19日)の「HPVワクチンシンポジウム」において、「日本には小児の痛みを専門に診療する場がなく、患者と家族の行き場がないのが課題である」と指摘。ワクチン接種後症例とそれ以外の症例の臨床経過を提示しつつ、複合性局所疼痛症候群(CRPS)の文脈から病態を解説し、治療法を提案した。

【第10回日本プライマリ・ケア連合学会HPVシンポジウム 記事一覧】

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

どんな昼休みを過ごしていますか

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  原因不明の多様な症状と向き合い続けるのは誰か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06520327 有効期限:6月末まで