メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

原因不明の多様な症状と向き合い続けるのは誰か

HPVワクチンをめぐる問題ー小児科医の立場から

 2019年06月10日 05:05
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種歴の有無にかかわらず、検査上異常が見られない疼痛やさまざまな症状に悩む患者は現に存在する。小児科医として、長年子どもの慢性疼痛治療に当たるJR東京総合病院(東京都)顧問の奥山伸彦氏は、第10回日本プライマリ・ケア連合学会(5月17〜19日)の「HPVワクチンシンポジウム」において、「日本には小児の痛みを専門に診療する場がなく、患者と家族の行き場がないのが課題である」と指摘。ワクチン接種後症例とそれ以外の症例の臨床経過を提示しつつ、複合性局所疼痛症候群(CRPS)の文脈から病態を解説し、治療法を提案した。

【第10回日本プライマリ・ケア連合学会HPVシンポジウム 記事一覧】

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  原因不明の多様な症状と向き合い続けるのは誰か