メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

病理専門医不足の問題にAI活用

福島県と徳島県で実証実験が進行中

 2019年06月11日 05:20
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、医療に人工知能(Artificial Intelligence;AI)を導入しようとする取り組みが加速化しているが、専門医数が少ない病理学の分野も例外ではない。日本病理学会は日本医療研究開発機構(AMED)の採択事業として、病理診断でのAI活用を目指したプロジェクト「Japan Pathology Artificial Intelligence Diagnostics Project(JP-AID)」を実施している。京都大学総合解剖センター准教授の吉澤明彦氏は、第108回日本病理学会(5月9〜11日)でJP-AIDの途中経過を報告。病理診断支援AIエンジンの開発状況と地域ネットワークへの展開について説明した。(関連記事:「脳卒中診療でもAI・ビッグデータ活用を」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  病理専門医不足の問題にAI活用

error in template: found but mtif was expected