メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  HPVワクチンの「信頼」はどこで挫かれたか

HPVワクチンの「信頼」はどこで挫かれたか

HPVワクチンをめぐる問題ー医療人類学者の立場から

 2019年06月12日 05:25
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

 子宮頸がんは20〜40歳代の妊娠・出産、育児期という女性のライフステージにおいて重要な時期に発症し、年間3,000人が死亡する深刻な疾患だ。医療者は子宮頸がん患者の現実と、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種が子宮頸がん予防策となることを理解しているが故に、現状にじくじたるものを覚えている。どうすれば一般市民にその意義が伝わるのだろうか。医療人類学者で国際医療福祉大学大学院保健医療学准教授の磯野真穂氏は第10回日本プライマリ・ケア連合学会(5月17〜19日)の「HPVワクチンシンポジウム」において、国が早急に態度を明確にすることが最も重要であると強調。その上でHPVワクチンの問題が複雑化した背景には、このワクチンを取り巻く信頼の醸成失敗および信頼の破綻があると指摘。専門家から見た正しい情報を一般市民に伝えて正しい選択を促すというアプローチでは不十分であり、プライマリケア医は「真の不確実性」に悩む一般市民/患者に対し、信頼を醸成した上での何らかの方向性を示す必要があると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

朝一のお気に入り飲料は

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  HPVワクチンの「信頼」はどこで挫かれたか

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08520389 有効期限:8月末まで