メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  デュラグルチドで心血管イベントが抑制

ada2019

デュラグルチドで心血管イベントが抑制

REWIND試験

2019年06月12日 13:44

18名の医師が参考になったと回答 

 心血管疾患の既往歴がない患者が約7割を占める2型糖尿病患者群において、GLP-1受容体作動薬デュラグルチド群ではプラセボ群に比べて主要心血管イベント(MACE:心血管死、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中の複合)が有意に減少することが示された。カナダ・McMaster UniversityのHertzel C. Gerstein氏らが、デュラグルチドの効果をプラセボと比較した国際多施設ランダム化比較試験Researching Cardiovascular Events with a Weekly Incretin in Diabetes(REWIND)の結果を第79回米国糖尿病学会(ADA 2019、6月7~11日、サンフランシスコ)で発表。詳細はLancet(2019年6月10日オンライン版)に同時掲載された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  デュラグルチドで心血管イベントが抑制