メニューを開く 検索 ログイン

難治性むち打ち症の原因療法確立へ突破口

頸局所への物理療法で全身の不定愁訴が80%以上回復

 2019年06月13日 05:15
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 交通外傷の中で最も多い傷害である頸椎捻挫(むち打ち症)。難治性むち打ち症患者では頸部以外の器官に直接的な損傷が認められないにもかかわらず、全身の不定愁訴を伴うことが多い。東京脳神経センター(理事長=松井孝嘉氏)の研究グループは、このような患者に対して頸局所への物理療法を行った結果、退院時には全身の...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

医学・医療情報、主に見るのは...

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  難治性むち打ち症の原因療法確立へ突破口