メニューを開く 検索

難治性むち打ち症の原因療法確立へ突破口

頸局所への物理療法で全身の不定愁訴が80%以上回復

2019年06月13日 05:15

9名の医師が参考になったと回答 

 交通外傷の中で最も多い傷害である頸椎捻挫(むち打ち症)。難治性むち打ち症患者では頸部以外の器官に直接的な損傷が認められないにもかかわらず、全身の不定愁訴を伴うことが多い。東京脳神経センター(理事長=松井孝嘉氏)の研究グループは、このような患者に対して頸局所への物理療法を行った結果、退院時には全身の不定症状がおおむね80%以上回復したと報告した(BMC Musculoskelet Disord 2019;20:251)。頸部筋群の緊張や攣縮が全身の不定愁訴に関与していることを示した世界初の知見で、原因療法確立の突破口となることが期待されるという。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  難治性むち打ち症の原因療法確立へ突破口