メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

がん免疫療法時代の病態評価とは

 2019年06月13日 05:20
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 がん治療は「病態評価」に基づき「治療選択」および「治療」を行い、その後にあらためて病態評価により効果を判定するというステップが求められる。最も正確な病態評価の方法はがんそのものを評価する組織生検だが、侵襲性やがんのheterogeneityの問題があるため、実臨床では血液検査や画像診断がサロゲートマーカーとして活用されている。横浜市立大学大学院泌尿器科学准教授の中井川昇氏は、第107回日本泌尿器科学会(4月18~21日)でがん免疫療法時代の病態評価について報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  がん免疫療法時代の病態評価とは

error in template: found but mtif was expected