メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

どうする? 2020東京五輪の感染症対策

 2019年06月14日 05:15
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 大規模なイベントやコンサート会場など、一定期間に限定された地域に同一目的で集合した多人数の集団をマスギャザリングと呼ぶ。東京オリンピック・パラリンピック競技大会(東京五輪)の開催を来年(2020年)に控え、マスギャザリングにおける感染症対策への関心が高まりつつある。国際医療福祉大学教授の加藤康幸氏は、第67回日本化学療法学会総会(5月9~11日)で、東京五輪の開催に向けて取り組むべき感染症対策について概説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  どうする? 2020東京五輪の感染症対策

error in template: found but mtif was expected