メニューを開く 検索を開く ログイン
ada2019

リナグリプチンとSU薬の心血管安全性は同等

CAROLINA試験

 2019年06月14日 18:36
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 DPP-4阻害薬に関しては、これまでリナグリプチンのCARMELINA※1を含めて4つの心血管アウトカム試験が実施されたが、いずれもプラセボとの非劣性が証明されるにとどまっていた。こうした中行われたCAROLINA※2は、DPP-4阻害薬では実薬同士を比較した唯一の心血管アウトカム試験で、長年議論されてきたSU薬の心血管安全性を検証するという点でも注目を集めていた。ドイツ・RWTH Aachen UniversityのNikolaus Marx氏らは第79回米国糖尿病学会(ADA 2019、6月7~11日、サンフランシスコ)でCAROLINAの結果を発表。リナグリプチンとSU薬グリメピリドの心血管安全性は同等だったと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

変異株はコロナの脅威を増大させるか

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  リナグリプチンとSU薬の心血管安全性は同等