メニューを開く 検索を開く ログイン

膵がんでもバイオマーカーに基づく治療の時代へ

BRCA遺伝子変異例に対するオラパリブ維持療法でPFS延長

 2019年06月17日 05:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 BRCAの生殖細胞系列変異を有する進行膵がん患者において、プラチナ製剤ベースの化学療法による一次治療後の維持療法としてPARP阻害薬オラパリブを投与した群では、プラセボ群と比べて、病勢増悪リスクが47%有意に減少したとするPOLO※1試験の結果が明らかになった。米・University of ChicagoのHedy L. Kindler氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2019、5月31日~6月4日、シカゴ)で報告、N Engl J Med2019年6月2日オンライン版)にも同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  膵がんでもバイオマーカーに基づく治療の時代へ