メニューを開く 検索 ログイン
ada2019

全身性強皮症の合併症に抗線維化薬が奏効

ニンテダニブ国際共同第Ⅲ相SENSCIS試験

2019年06月18日 05:05

1名の医師が参考になったと回答 

 現在、特発性肺線維症(IPF)の治療に使用されているチロシンキナーゼ阻害薬ニンテダニブが、全身性強皮症(SSc)に伴う間質性肺疾患(SSc-ILD)の肺機能低下を患者背景にかかわらず一貫して抑制することが国際共同第Ⅲ相試験SENSCISで明らかになった〔N Engl J Med2019年5月20日オンライン版)〕。同試験の治験責任医師でスイス・University Hospital ZurichのOliver Distler氏は、欧州リウマチ学会(EULAR 2019、6月12~15日、マドリード)でサブグループ解析の結果についても報告、SScサブタイプや免疫抑制薬服用の有無などの患者背景による治療効果への影響は見られなかった。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  リウマチ・膠原病 »  全身性強皮症の合併症に抗線維化薬が奏効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520455 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外