メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  抗うつ薬で細胞内感染症が治療できる?

抗うつ薬で細胞内感染症が治療できる?

細胞内LDLコレステロール輸送が標的

2019年06月18日 05:15

62名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 抗うつ薬として使用されるデシプラミン、アミトリプチリン、ノルトリプチリンなどの酸性スフィンゴミエリナーゼ(ASM)機能阻害薬(FIASMA)が、細胞内LDLコレステロール(LDL-C)輸送を標的とする病原体による細胞内細菌感染症の治療に有用な可能性が示された。米・Virginia Commonwealth UniversityのChelsea L. Cockburn氏らが、培養細胞およびマウスを用いた実験の結果をLife Sci Alliance2019; 2: e201800292)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  抗うつ薬で細胞内感染症が治療できる?