メニューを開く 検索 ログイン

世界の肺疾患の1割超は職業性、学会が声明

米国胸部学会(ATS)・欧州呼吸器学会(ERS)発表

2019年06月19日 05:00

3名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © American Thoracic Society

 米国胸部学会(ATS)と欧州呼吸器学会(ERS)は、職業性肺疾患に関するステートメントをAm J Respir Crit Care Med2019; 199: 1312-1334)に発表した。それによると、がん以外の各種肺疾患を有する患者の10人に1人以上を、職場で有害な蒸気やガス、塵埃、煙などを吸入したことが原因の職業性肺疾患が占めるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  世界の肺疾患の1割超は職業性、学会が声明

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで