メニューを開く 検索を開く ログイン

世界の肺疾患の1割超は職業性、学会が声明

米国胸部学会(ATS)・欧州呼吸器学会(ERS)発表

 2019年06月19日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © American Thoracic Society

 米国胸部学会(ATS)と欧州呼吸器学会(ERS)は、職業性肺疾患に関するステートメントをAm J Respir Crit Care Med2019; 199: 1312-1334)に発表した。それによると、がん以外の各種肺疾患を有する患者の10人に1人以上を、職場で有害な蒸気やガス、塵埃、煙などを吸入したことが原因の職業性肺疾患が占めるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  世界の肺疾患の1割超は職業性、学会が声明

error in template: found but mtif was expected