メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  慢性再発性多発性骨髄炎の原因遺伝子を同定

慢性再発性多発性骨髄炎の原因遺伝子を同定

2019年06月20日 05:15

8名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 慢性再発性多発性骨髄炎(chronic recurrent multifocal osteomyelitis;CRMO)は自己炎症性骨疾患で、指定難病の1つでもある。東海大学基礎医学系分子生命科学准教授の阿部幸一郎氏、北里大学理学部生物科学科教授の高松信彦氏らの国際共同研究グループは、CRMOの原因となる遺伝子の同定を目的に、マウスおよびヒトでの解析を実施。その結果、CRMOの原因遺伝子として、がん遺伝子Srcの類縁遺伝子であるFgr(ヒトではFGR)を同定したと、Proc Natl Acad Sci U S A2019; 116: 11872-11877)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  慢性再発性多発性骨髄炎の原因遺伝子を同定