メニューを開く 検索を開く ログイン

HbA1c 8%以上でサルコペニア7倍超に

糖尿病患者対象のthe MUSCLES-DM study

 2019年06月21日 05:05
プッシュ通知を受取る

26名の先生が役に立ったと考えています。

 糖尿病とサルコペニアの関係について、糖尿病患者では非糖尿病患者に比べ四肢筋量が少なく、筋量低下のスピードが速いことなどが報告されている。しかし、糖尿病患者のみを対象にサルコペニアについて検討した研究は少ない。そこで、大阪大学大学院老年・総合内科学教授の楽木宏実氏らは、糖尿病患者におけるサルコペニアの有病率、危険因子、病態などを解析するthe MUSCLES-DM studyを進めている。同氏はその成果を第62回日本糖尿病学会(5月23~25日)で発表。サルコペニアのリスクはHbA1c 7.0%台で4倍超、8.0%以上では7倍超に上ることなどを紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  HbA1c 8%以上でサルコペニア7倍超に