メニューを開く 検索 ログイン

抗うつ薬は低用量が最も有用

京大・古川壽亮氏らがメタ解析

2019年06月21日 05:15

25名の医師が参考になったと回答 

 抗うつ薬は低用量で有用性が最も高いー。うつ病治療における薬物療法の"常識"に待ったをかけるような結果が、京都大学大学院健康増進・行動学教授の古川壽亮氏らが行ったメタ解析で示された(Lancet Psychiatry 2019年6月6日オンライン版)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  抗うつ薬は低用量が最も有用