メニューを開く 検索を開く ログイン

生物学的製剤で乾癬患者の感染症リスク低下

10万人超のデータでメトトレキサートと比較

 2019年06月21日 11:46
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 米・Beth Israel Deaconess Medical CenterのErica D. Dommasch氏らは、米国の医療保険請求データベースに登録されている10万人超のデータを解析して7種類の乾癬治療薬の安全性を比較検討。その結果、米国で1960年代から第一選択薬として広く使用されているメトトレキサートに比べ、生物学的製剤のアプレミラスト、エタネルセプト、ウステキヌマブは重篤な感染症の発症リスクが低いことが示されたとJAMA Dermatol2019年5月10日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  皮膚 »  生物学的製剤で乾癬患者の感染症リスク低下