メニューを開く 検索を開く ログイン

骨修飾薬で前立腺がん治療時の骨折が大幅減少

 2019年06月22日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 骨折は、転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)の全身療法において高頻度の副作用である。ベルギー・Université Catholique de LouvainのBertrand F. Tombal氏らは、mCRPC患者に対する経口アンドロゲン受容体シグナル伝達阻害薬エンザルタミドの単剤投与と塩化ラジウム(Ra)-223との併用療法を比較したPEACE Ⅲ試験において、骨修飾薬の併用により骨折を抑制できることを明らかにし、米国臨床腫瘍学会(ASCO 2019、5月31日~6月4日、シカゴ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  骨修飾薬で前立腺がん治療時の骨折が大幅減少