メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  骨修飾薬で前立腺がん治療時の骨折が大幅減少

骨修飾薬で前立腺がん治療時の骨折が大幅減少

2019年06月22日 05:00

2名の医師が参考になったと回答 

 骨折は、転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)の全身療法において高頻度の副作用である。ベルギー・Université Catholique de LouvainのBertrand F. Tombal氏らは、mCRPC患者に対する経口アンドロゲン受容体シグナル伝達阻害薬エンザルタミドの単剤投与と塩化ラジウム(Ra)-223との併用療法を比較したPEACE Ⅲ試験において、骨修飾薬の併用により骨折を抑制できることを明らかにし、米国臨床腫瘍学会(ASCO 2019、5月31日~6月4日、シカゴ)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  骨修飾薬で前立腺がん治療時の骨折が大幅減少