メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

Fc最適化抗HER2抗体によりPFSが延長

第Ⅲ相SOPHIA:抗HER2療法後に増悪のHER2陽性進行乳がんで

 2019年06月22日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 MargetuximabはHER2に特異的に結合して細胞増殖とシグナル伝達を抑制することに加え、Fc領域の修飾により抗体依存性細胞障害(ADCC)活性が強化されたFc最適化抗HER2抗体である。米・University of California, San Francisco Comprehensive CancerのHope S. Rugo氏らは、抗HER2抗体の治療歴を有するHER2陽性進行乳がん患者において、化学療法にmargetuximabを併用することで、トラスツズマブとの併用と比べて無増悪生存期間(PFS)が有意に延長することを米国臨床腫瘍学会(ASCO 2019、5月31日~6月4日、シカゴ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  Fc最適化抗HER2抗体によりPFSが延長

error in template: found but mtif was expected