メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  長時間労働10年継続で脳卒中リスクが45%上昇

長時間労働10年継続で脳卒中リスクが45%上昇

フランス・大規模コホート14万例超の解析

 2019年06月25日 13:42
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 長時間労働は脳卒中リスクを高め、長時間労働状態が10年以上継続するとそのリスクはさらに高まることが、フランスの大規模コホート研究CONSTANCESの参加者を対象に行われた研究から明らかになった。フランス・French National Institute of Health and Medical Research(INSERM)のAlexis Descatha氏らは同国の14万例超を対象に長時間労働と脳卒中リスクについて解析した研究の結果をStroke2019年6月20日オンライン版)に報告。1日10時間以上の長時間労働を10年以上継続した者では、脳卒中リスクが45%上昇していた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ラグビーワールドカップ開幕

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  長時間労働10年継続で脳卒中リスクが45%上昇

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09520535 有効期限:9月末まで