メニューを開く 検索を開く ログイン

糖尿病は肝疾患進行の独立予測因子

欧州・プライマリケア受診者1,800万人超のコホート研究

 2019年06月26日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 欧州4カ国のプライマリケア受診者1,800万人超のデータを用いた研究から、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)または非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と診断された患者において、肝硬変や肝細胞がん発症の最も強い予測因子は糖尿病であることが示された。英・University of LondonのWilliam Alazawi氏らがBMC Med2019; 17: 95)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病は肝疾患進行の独立予測因子

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12520522 有効期限:12月末まで