メニューを開く 検索を開く ログイン

プレガバリンで自殺行動リスクが上昇

スウェーデン・19万人超の検討

 2019年06月26日 13:15
プッシュ通知を受取る

68名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 プレガバリン服用により自殺行動や偶発的過量服用などのリスクが上昇することが明らかになった。日本ではてんかんや神経障害性疼痛などに適応を持つガバペンチノイド(ガバペンチンまたはプレガバリン)を処方された15歳以上のスウェーデン人19万人超のデータを検討した結果を、英・University of Oxford/スウェーデン・Karolinska InstitutetのYasmina Molero氏らがBMJ2019; 365: l2147)に発表した。また年齢別に見ると、特に15~24歳の若年者でリスクの上昇が顕著であることも分かった。(関連記事「ガバペンチノイドは疼痛万能薬にあらず」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  プレガバリンで自殺行動リスクが上昇

error in template: found but mtif was expected