メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  プレガバリンで自殺行動リスクが上昇

プレガバリンで自殺行動リスクが上昇

スウェーデン・19万人超の検討

2019年06月26日 13:15

70名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 プレガバリン服用により自殺行動や偶発的過量服用などのリスクが上昇することが明らかになった。日本ではてんかんや神経障害性疼痛などに適応を持つガバペンチノイド(ガバペンチンまたはプレガバリン)を処方された15歳以上のスウェーデン人19万人超のデータを検討した結果を、英・University of Oxford/スウェーデン・Karolinska InstitutetのYasmina Molero氏らがBMJ2019; 365: l2147)に発表した。また年齢別に見ると、特に15~24歳の若年者でリスクの上昇が顕著であることも分かった。(関連記事「ガバペンチノイドは疼痛万能薬にあらず」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  プレガバリンで自殺行動リスクが上昇