メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  放射線療法で肺がん患者の心血管リスク増大

放射線療法で肺がん患者の心血管リスク増大

 2019年06月27日 05:15
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 治療の進歩により、非小細胞肺がん(NSCLC)の生存期間は延長したが、多くの患者は心血管有害事象という別の脅威に直面している。放射線療法で心臓が曝露する平均線量(MHD)は、主要心血管イベント(MACE)および全死因死亡(ACM)のリスクの増加と相関することが、単施設の後ろ向きコホート研究から示された。米・Dana-Farber Cancer Institute/Brigham and Women's Hospital(BWH)のKatelyn M. Atkins氏らがJ Am Coll Cardiol(2019; 73: 2976-2987)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療大麻、日本で認めてよい?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  放射線療法で肺がん患者の心血管リスク増大

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10520552 有効期限:10月末まで