メニューを開く 検索を開く ログイン

重症小児では急速輸液で死亡率増加

大規模RCTの再解析

 2019年06月27日 05:05
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ショック時の治療として行われる急速輸液では、生理食塩水や等張アルブミン製剤が使用されることが多い。しかし、このような急速輸液は、発熱や灌流障害などを認める重症疾患の小児では高塩素性アシドーシスと臓器障害を誘発し、死亡率を高めると考えられることが、大規模なランダム化比較試験の再解析から示された。英・Imperial College LondonのMichael Levin氏らがLancet Respir Med(2019年6月10日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  小児 »  重症小児では急速輸液で死亡率増加