メニューを開く 検索 ログイン
ada2019

全身性強皮症の合併症、進行要因を探る

EULARデータベースで解析

2019年06月28日 05:25

4名の医師が参考になったと回答 

 全身性強皮症(SSc)に伴う間質性肺疾患(SSc-ILD)の進行は、患者の生命予後に大きく影響することが知られている。ノルウェー・Oslo University HospitalのAnna-Maria Hoffmann-Vold氏らは欧州リウマチ学会(EULAR 2019、6月12~15日、マドリード)で、EULARが構築したオンライン登録データベース(EUSTAR)を用いてSSc-ILD患者においてILDが進行する要因を検討した結果を報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  リウマチ・膠原病 »  全身性強皮症の合併症、進行要因を探る

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで