メニューを開く 検索を開く ログイン
ATS 2019

敗血症への病型別治療で予後改善

約6万例のデータ解析で4タイプに分類

 2019年06月28日 05:20
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 敗血症患者は4つの臨床病型に分類でき、各病型に適した治療を行えば予後が改善する可能性があることが、約6万例の敗血症患者のデータを後ろ向きに解析した研究で示された。研究を行った米・University of PittsburghのDerek Angus氏らによると、これらの病型は宿主生体反応のバイオマーカーや死亡率と有意に関連しており、今後、病型別に治療の有効性を検証する臨床試験の実施につなげたいとしている。この結果は米国胸部学会(ATS 2019、5月17~22日、ダラス)で発表され、JAMA2019年5月19日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  敗血症への病型別治療で予後改善

error in template: found but mtif was expected