メニューを開く 検索 ログイン
ATS 2019

敗血症への病型別治療で予後改善

約6万例のデータ解析で4タイプに分類

2019年06月28日 05:20

8名の医師が参考になったと回答 

 敗血症患者は4つの臨床病型に分類でき、各病型に適した治療を行えば予後が改善する可能性があることが、約6万例の敗血症患者のデータを後ろ向きに解析した研究で示された。研究を行った米・University of PittsburghのDerek Angus氏らによると、これらの病型は宿主生体反応のバイオマーカーや死亡率と有意に関連しており、今後、病型別に治療の有効性を検証する臨床試験の実施につなげたいとしている。この結果は米国胸部学会(ATS 2019、5月17~22日、ダラス)で発表され、JAMA2019年5月19日オンライン版)に同時掲載された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  敗血症への病型別治療で予後改善