メニューを開く 検索を開く ログイン

nab-パクリタキセルは追加効果を示せず

膵がん術後補助療法の第Ⅲ相APACT

 2019年06月30日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 膵腺がんの術後補助療法において、nab-パクリタキセルとゲムシタビンの併用療法(nab-P/G療法)は、ゲムシタビン単独療法と比べて無再発生存期間(DFS)の有意な延長を示せなかったことが、非盲検多施設共同第Ⅲ相ランダム化比較試験APACTから示された。ただし、主要評価項目である独立審査委員会の評価ではDFSに有意差はないとされたが、治験担当医の評価ではDFSおよび中間解析における全生存期間(OS)はnab-P/G療法で延長していた。米・University of California, San FranciscoのMargaret A. Tempero氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2019、5月31~6月4日、シカゴ)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  nab-パクリタキセルは追加効果を示せず