メニューを開く 検索を開く ログイン

男性も骨密度に要注意!

運動量と骨量減少に有意な負の相関

 2019年07月02日 05:10
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 骨粗鬆症は、閉経後の女性で好発することが知られている。しかし、中年層および男性における骨粗鬆症の発症リスクについてはあまり報告がない。そこで米・University of MississippiのMartha A. Bass氏らは、35〜50歳の中年男女を対象に低骨密度(BMD)の危険因子との関連について検討した。その結果、男性の28%で大腿骨頸部の骨量減少(osteopenia)が見られ、同部におけるBMDと運動量に有意な負の相関が確認されたという(J Am Osteopath Assoc 2019; 119: 357-363)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  男性も骨密度に要注意!